E-A-Tとは? GoogleがSEO対策で最も重要視する3つの評価基準

この記事ではWebサイトでブログやメディアを運営し、検索エンジン上で上位表示を目指している方を対象に、Googleが推奨するSEO対策で最も重要視する3つの評価基準について説明していきます。

この記事を読んだからといって、検索エンジンでの上位表示が保証されるものではないので、予めご了承ください。

まずSEOを上げるためにはどんなことを意識すればいいか。Googleは具体的な正解を教えることはありません。

ですが、たくさんの情報を集めると具体的な対応策というものが出てきます。

少なくとも、普段Webサイト上で記事を書いている人は、どうすれば多くの方に見てもらえる記事になるのか試行錯誤すると思います。

これからWebサイトで記事を書く人は、ぜひこれから記述する記事を参考にしてください。

Googleが最も重要視する3つの評価基準とは(E-A-T)

E-A-Tとは? GoogleがSEO対策で最も重要視する3つの評価基準

GoogleはSEO対策についてたくさんのヒントを出してくれています。

その中でもこの3つの評価基準は、全てのユーザー目線で考えられたものです。

Webサイトを評価する上で最も重要視する3つの評価基準は下記のとおりです。

  • Expertise (専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

この概念はGoogleの品質評価ガイドラインで詳しく説明しています。

Webサイト上で優れたE-T-Aを示すことで、検索エンジンのランキングで上位表示されす可能性が出てきます。

「Your Money Your Life(YMYL)」という言葉があります。
直訳すると「あなたのお金」「あなたの人生」という意味になり、これはWebサイト上でE-A-Tがもたらす影響に関係します。

特に記事を書いている方が、医療、法律、金融系のサイトである場合は、良いE-A-Tを示すことは非常に重要です。

専門的な記事はユーザーに重要な情報を与えるので、ユーザーの仕事や生活、金銭面に影響が出ることもあります。

なので、より優れたE-A-Tを示し、ユーザーが役立つ情報をアドバイスしていきましょう。

では重要性を具体的に一つずつ説明していきます。

Expertise (専門性)

Expertise (専門性)

専門性とはWebサイトに記されている内容が専門的でユーザーに役立つものかということを示しています。

ユーザーが見ている記事がより専門的な内容ほど、過去の実績や経験をもとに説明されている内容か、どのくらいの深くその分野の内容を落とし込めているかが重要になります。

Googleでは、広い分野を浅く紹介するより、狭い分野を専門的に紹介することが良いと言われています。

例えば、医療関係の内容であれば、

「身体に起こる内臓の病気」という書く臓器を広く浅い内容を説明するより、

「腎臓に起こる5つの病気」というようにより細かく、専門的な内容を書くことで、よりユーザーが求めている情報と危険性について具体的に知ることができます。

更に、5つの病気の症状や危険性、治療方法などのアドバイスをすることにより、ユーザーは命に関わるアドバイスを受けることができます。

上記のように専門的な内容をGoogleでは、より強く推奨しています。

Authoritativeness(権威性)

Authoritativeness(権威性)

権威性とは簡単に言うと、どのような人が発信しているのか。「専門的な地位」実績や内容から信用ができるサイトなのかを示しています。

・過去にどのような専門的な記事を書いてきたか

・どのような実績があるか

・わかり易く説明されているか

特にYMYL関連の記事では権威性は特に重要なポイントになります。

医療関係の内容であれば、医師、医療機関関連で働かれているかた、薬剤師など、その道のプロフェッショナルな立場で書かれた記事は、文章にも信頼感が生まれます。

お金関係の内容でも同様に言えます。

証券アナリストや投資家(実績と経験)ファイナンシャルプランナーなど、専門家が記事を書くことで、ユーザーは安心して情報を受け入れることができます。

専門家が発信していると言うことがユーザーにとって大きな影響があることは言うまでもないでしょう。

Trustworthiness(信頼性)

Trustworthiness(信頼性)

信頼性とは記事の内容に「信頼性」はあるのか、「事実」であるのかを示しています。

主観で書かれている内容などではないか、数字の根拠など嘘はないか。どこから情報を得てきたのか?

信じられる情報が載っているサイトなのかどうかをユーザーは見ています。

正しい情報かを判断する際に引用をすることがあると思います。
引用は一次情報の論文や、本などから正しい情報を引用することが望ましいです。

インターネット上で検索すると求める情報がヒットしますが、その多くは第三者の主観によって書かれたものです。
なのでブログやメディアの二次情報は、どうしても筆者の主観が入ってしまいます。

仮に二次情報を引用してしまった場合、あなたの記事の信頼性は薄くなってしまいます。

仮に間違った情報を提供してしまった場合YMYL関連で大きくユーザーに損失を与えてしまうかもしれません。

昨今SNSなどでもフェイクニュースがあるようにネット上でも主観的に書かれた情報で間違った情報なども多く出回っています。

どこの情報がもとで、どのようなデータを誰が発信しているのかを追求する必要があります。そのためにも膨大なリサーチ量から信頼できる情報源を見つけ正しい情報を提供しましょう。

最後に

検索エンジン上昇

「E-A-T」はWebサイトを運用していく上では重要な評価基準となります。

日々の個人ブログ等であれば、そこまで「E-A-T」というのは重要にならない可能性もありますが、事業の発展や集客をするために検索エンジンで上位を狙いたいというあなたは

自身のビジネスで「E-A-T」をより示す必要があります。

結果的にユーザーに役に立つ情報を提供することによって、Googleが必要なサイトと判断し、検索エンジンで上位に表示される可能性が出てきます。

検索エンジンで上位表示される方法はこれだけではなく、他にもあるので、更に詳しい内容を知りたい方は下記のリンクを参照してください。

引用・参考ページ

General Guidelines

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

関連記事一覧

YMYLとは?SEO対策におけるYMYLの意味と概念

この記事ではYMYLの具体的な意味と、どのような職種や業種に強く当てはまり、どの […]

検索エンジン最適化(SEO)の上位表示を無料でできる方法

Web制作をする上でのSEO対策(いわゆる内部対策)という言葉をよく聞くと思いま […]

Webサイトの表示速度とSEOの関係性について

Webサイトを制作する方の多くはお客様の獲得や、人材の獲得を目的にしていると思い […]