Webサイトの役割

Role

Webサイトの役割

近年、Webサイトの需要はインターネットが普及してきた今、個人の方には検索エンジンや広告からの窓口として見られ、法人では名刺にも匹敵するくらいの役割が大きく広がってきています。Webサイトの役割は使用用途にもよりますが、大きく分けて「案内」「信用」「集客」の3つであると考えています。
特にBtoBで展開されている法人様はWebサイトの役割を大きく理解し、有効活用することによってさらなる成果を出せる可能性が生まれます。
ですがWebサイトは使い方を理解している人は多いですが、役割を理解し、実践で活用できているサイトが少ないのが現状です。
弊社ではお客様にWebサイトの役割を理解していただき、その上で、Webサイトを活用してどのような目標を達成できるかを検討していきます。

営業マンとして

Webサイトを作るということはインターネット上に公開して、Googleやyahooなどの検索エンジンから、全世界に公開されることになります。更に、自社の概要やサービスなどを紹介することもできるようになります。Webサイトがあれば、一度に伝えられる情報や拡散率は足を運んで営業するのとは違い、知ってもらえる機会が圧倒的に増えます。さらに、Webサイトに会社の特徴や特色を色濃く紹介することができれば、優秀な営業マンと同じように結果を残し、お問い合わせも増える可能性が上がります。そして、Webサイトの最大のメリットは営業マンとして、利用することはできますが、人材を雇っているわけではないので、教育コストも最低限の投資で収まります。Webサイトを育てていくことで、企業の認知度が上がり、ビジネスが発展する可能性が増えるのです。

会社案内として

会社案内や事業案内はビジネスにおいて、とても重要なうちの1つです。
例えば名刺交換をしたときに、どのような仕事をしているかわからない人から「仕事を一緒にしましょう」と言われても「この人とは仕事はできない」と思われてしまいます。
人間は見えないものやわからないものが怖いと錯覚する生き物です。
名刺では紹介しきれない内容やサービスをWebサイト上で案内をすることで、見てくれたお客様や取引先は安心感が増すでしょう。
更に、Webサイトに自身がやっている事業が丁寧に案内されていれば、取引先や顧客の安心感を引き出し、信用にも繋がります。

集客ツールとして

Webサイトは集客ツールとして、近年様々な企業がインターネットから集客をしています。Webサイトを使って集客をするためには大きく分けて5つの方法があり、「検索エンジン最適化の対策(SEO対策)」「リスティング広告(Google、yahooなど)」「SNSマーケティング」「外部サイトからの流入」「直接訪問」があります。
集客はどんな媒体でもそうですが、アクションを起こさずにはお客さんは集まりません。これは実店舗で運営している飲食店や美容室と同じように、何もしていないのに「全国から自分のお店を見つけてください」というようなものです。ですが、紙媒体や口コミと違ってWebサイトは他の集客媒体よりも、見られている絶対数があります。更にSNSを使うことで大きな拡散率を生むので、Webサイトでの集客は様々な企業が注目しています。

社会性の証明として

企業のWebサイトはインターネットが普及していなかった約20年前はWebサイトを持っていることがステータスという企業も多かったですが、インターネットが普及した現在では、企業のWebサイトがなければ、信用がないというくらいまで、企業のWebサイト保有率は浸透しました。
Webサイトがないというのは名刺や看板がないのと同じくらい世間には広がっています。
更にメリットはそれだけではありません。
Webサイトは、法人口座開設にも影響してくることがあります。
これから起業を考えている人はwebサイトを作っておいたほうが法人口座開設などにも有利に働く可能性があります。

Office24WEB:ホームページの地域別・業種別開設状況について

継続的な宣伝として

Webサイトの大きなメリットの1つは、Webサイト上に上げている内容は、企業の財産として、インターネット上に残ることです。
Webサイトから記事を書くことにより、多くの人に知って貰う機会が増えるので、企業の継続的な宣伝をすることもできます。
中小企業などの小規模事業者は特にコストを抑えながら宣伝することができるので、事業を発展させたい人はWebサイトに投稿する記事などを読んでもらい、自社の宣伝をしていくこともできます。

お問い合わせ窓口として

Webサイトは優秀な営業マンになり、どんな人に見られても丁寧な案内もしてくれます。
企業との連絡を取りたい場合はWebサイトをお問い合わせ窓口として利用することができるので、新規顧客の開拓や既存顧客のサポートなどもすることができます。
逆にお問い合わせ窓口を用意していなければ、電話対応の労力や人件費が無駄にかかってしまう恐れも出てきます。
お問い合わせ窓口は顧客だけではなく、人材採用などにも活用することができるので、Webサイトを訪問した人の安心と信頼の窓口として用意している企業が多いです。